ついこの10年くらいでの話です。

最近は、プログラムのバグを見つけ出し修正してくれるアプリ(AI?)が普通に使われていたり、イラストレーターでトレースしてパスをきったりするのも自動でやれてしまったり…  タスクを便利ツールを使ってリマインドする事でいちいち頭で物事を記憶したりすることすら必要なくなってきました。

なんだかこうなってくると人間は進化してるのか退化しているのかよくわからないのですが、間違いなく言えることは、最近の人間は「アナログに飢えている」と言う事です。

『 稲作を生活に、農を日常に取り入れたい。』と言う方々は、ここ最近急増しているように思います。

ニーズがあり、最初は小さくはじめた当農園の稲作講座ですが、気がつけば沢山の皆様に受けて頂いていると言う事になっていました。

 

稲作を通して気づけること、学べることって、本当に絶大なのです。

気づいている人はもう既に動きはじめています。

こんな時代だからこそ、あえて農に、稲作にこだわってみる。

 

《ひかり農園  育農コース》

 講習料  年間 120,000円 ※税込

月に一度、丸一日、兵庫県は明石市にある当農園に通って頂き、

講義と実地のセットを丸1日、年間12回というプログラムです。

 

春から実践して頂く前に、この冬から通って頂く事をオススメしています。

冬の寒い時期にしっかりとオリエン、カウンセリングができれば

実際の春からの座学や実地授業はとても深いものになる事でしょう。

 

行動は結果をもたらします。

あたりまえの事ですが、それは動いた方だけの特権という事になります。

 

お申し込みはこちらまで↓

hikarinouen135@gmail.com

 

 

カテゴリー: ひかり農園通信