甕で仕込まれる自然栽培米。

発酵という奇跡の営みと、

人間の手仕事の結晶が今年も出来上がりました。

 

下の写真は昨年度のものですが、

このような工程で本当に一つ一つの手仕事の積み重ねでお酒は仕上がって行きます。

今度の3月21日の東京は田町にある SHIBAURA HOUSE で開催される

日本古代稲研究会主催のイベント「古代稲の集い」でもこのお酒が振舞われます。

この3月21日のイベントは、事前申し込み制ですので、

ご興味ある方は是非お早めにお申し込み下さいね。

「古代稲の集い」イベント詳細はコチラ

 

 

農園主

カテゴリー: ひかり農園通信