image

コシヒカリ 順調です。

毎年、何故かうちの田んぼだけにスズメが集まります。

 

今年は特にひどい。

 

毎年毎年、他のあまたの田んぼを無視しし、うちに集まる…

何でだろ??

 

「スズメにとって美味しいから」?

 

と、前向きにいつも考えるようにしていたのですが、ちょっと待てよと…
美味しいから、ではなくて、

もしかして…

 

「安全だから」

 

なんじゃないか!!と、

 

 

今や普通栽培では、稲の身体に残留し続けるネオニコチノイド系の農薬の使用は必須です。

というのも、農業の現場を知っている人は理解できますが、侵略的外来種であるイネミズゾウムシやジャンボタニシの食害がひどすぎて、普通にやっていても本当に稲がまともに育たないからです。

 

食べやすいロケーションにある農薬田にスズメが寄り付かないのは、どう考えてもこれらの影響であるとしか考えようがないのです。

 

※食をとりまく本当のこと→コチラをご一読下さい。

 

 

当農園に見学に来られたことがある方ならご存知かと思いますが、とにかくうちの田んぼには、生き物がいっぱいです。

特に飛来する鳥類の数と種類には驚かされます。

 

つまり餌となる動植物が絶対的に多いのでしょう。

 

 

その田んぼに集まる動植物たちの営みの末の亡骸が、稲の肥料の源となります。

それが無肥料でやれる所以です。

 

 

イネミズゾウムシやジャンボタニシに負けない丈夫な苗作りをし、動植物が集まり続ける田んぼを作る。あとは水位と草とのやりとりで、農薬や肥料を使う必要が無くなる…

嘘みたいな話ですが、これが実際に田んぼでおきている本当の話です。

 

私たちは実際にこれらを現場で実践しているので、信念をもっています。

 

 

スズメがうちにたどり着くように…何故か人間のお客様も、どこからかうちを探しあてて、勇気をもってご連絡をしてくれます。

悩みに悩んだ末に農家に直接連絡をし、お米を購入したいと仰るお客様、きっと思うところがあるのでしょう。。

 

 

今年も新米の時期に入ってきました。

 

既にお約束させてもらっているお客様のこともあり、新しくお売りできるお米もあとわずかです。

 

ご自分やお子様のこと、ご家族の心体の健康を本気で考えられていらっしゃる皆様。

そのご縁に感謝いたします。

 

農園主

hikarinouen135@gmail.com

カテゴリー: ひかり農園通信