今年の苗はまちがいないです。

 

‥実は正直なお話をすると、
昨年の育苗は、過去一番、危機的なくらいに出来が悪かったのです。

原因はバカ苗病の大発生でした。

特にコシヒカリは半分諦めかけたくらい出来が悪く、
苗が全然足りなくなってしまって、
同じ作り方をしてもらっていた仲間の農家さんに苗を分けて頂いたという非常事態にまで発展してしまいました。。

 

そしてそれに連動するように、お米の出来も、正直私の満足いくものではなかったのです…

 

稲という生き物は、実は超がつくほどの野生児です。
そしてハッキリいって人間が変に手をかけなくてもどんどん自分たちで元気に育っていきます。

 

ただひとつ人間が関われるところ。

 

それが、人でいう乳幼児時期である苗状態の初期の頃 なんです。

 

3枚の葉っぱが展開するころには立派な青年になりつつあるので、ここからは出来るだけ過保護にしたくありせん。

 

この時期にひかり農園では、畑環境から田んぼに搬出し水につけます。

そして3日におきに全体重をかけ、上から踏みつけちゃいます(^_^)

 

なので、田んぼへの搬出時には初回の踏みつけを兼ねて、
いつもこんなふうに軽トラに重ね積み(笑)

image1-1

 

これで、ざっと200枚。

 

 

たいてい道行く人が  「えっ?!大丈夫?」

みたいな顔でいつも見てくるんですが、稲の苗は超絶丈夫!

まったくもって問題ありません。

 

というか、実はこの刺激がこのあとの苗の太さや根張りに影響してくるんですね~

 

 

そういうわけで、今日は朝からひとりで泥んこ1日作業だったので、
僕もさすがに疲れました(^_^)

 

夕寝のあと、今日は大好きなお団子で労をねぎらってます☆

あしたも頑張るぞ!

image1

農園主

カテゴリー: ひかり農園通信